12月例会 個人研究発表

日時:12月15日(土)14時—
場所:東洋大学白山キャンパス6号館4階6407教室

内容:個人研究発表(発表順不同)

1. 木口圭子「Rolandineはなぜ『アーティスト』なのか――Stevie Smithと昔の幽霊たち」
2. 長尾主税「コーネル・ウェストの預言的プラグマティズム」

3月運営委員会

日時:3月16日(土)12–14時
場所:東洋大学白山キャンパス6号館4階6405教室

3月例会

合評会

日時:3月16日(土)14–18時
場所:東洋大学白山キャンパス6号館4階6405教室
内容:

  1. NP207号「カズオ・イシグロ特集」
    報告者:小林広直(特集論文)、水戸俊介(一般投稿論文)
  2. NP208号特集「プラグマティズム特集」
    報告者:長尾主税(特集論文)、木下裕太(一般投稿論文)

4月例会

アメリカン・ニューシネマ研究第1回

日時:4月20日(土)14–18時
場所:東洋大学白山キャンパス

  1. Symmons, Tom. “Introduction.” The New Hollywood Historical Film 1967-78. London: Palgrave Macmillan, 2016. 1-20.
  2. Godfrey, Nicholas. “Which New Hollywood?” The Limits of Auteurism: Case Studies in the Critically Constructed New Hollywood. New Jersey: Rutgers University Press, 2018. 8-19.

6月例会

アメリカン・ニューシネマ研究第2回

日時:6月15日(土)14–18時
場所:東洋大学白山キャンパス
(報告者は2019年2月19日現在で決定しておられる方です)

  1. Rosenbaum, Jonathan. “New Hollywood and the Sixties Melting Pot.” The Last Great American Picture Show. Ed. Thomas Elsaesser. Amsterdam: Amsterdam University Press, 2004. 131-152.
    報告者:後藤史子
  2. Godfrey , Nicholas. “Easy Rider.” The Limits of Auteurism: Case Studies in the Critically Constructed New Hollywood. New Jersey: Rutgers University Press, 2018. 20-39.
    報告者:中垣恒太朗